将来のことを想像して出会いの場を設けてみませんか?実際に何をすればいいのかわからない人は、このサイトで紹介する出会いの場を参考に行動してみましょう。

マンガかよ!あなたもありえるこんな出会い

交差点でぶつかる、本屋で本棚に手を伸ばしたところ手と手が触れる、マンガなどのフィクションでは定番の出会いシーンですね。
しかし大抵の人はそれが空想の中でしか起こらないことだと考えています。
「交差点でぶつかる?本屋で手と手が触れる?そりゃあ時にはそういうことも起きるかもしれないけど、それが出会いのきっかけとなって仲良くなり、遂には恋人同士になるなんてうまい話が本当にあるわけない、世の中そんなに甘くないよ」と考える人が普通であり多数派です。
たしかにこうした偶然の出会いはそう毎日のように発生するものではありません。
しかし本当にそうしたチャンスが私たちの人生に一切ないかと言われれば、それもまた間違いです。

そもそも人間が相手に好意を抱くきっかけというのは本当に些細なものです。
たとえば自分の親友と仲良くなったきっかけを明確に覚えている人というのは珍しいでしょう。
大抵の場合、何となく話しているうちに親しくなり気がついたら距離が近くなっていたというのが普通です。
そしてこうした出会いは交際を始めるための「ふとしたきっかけ」として十分なものなのです。
むしろ、普通に合コンなどで出会うよりも交際に発展する確率は高いかもしれません。
なぜなら、私たちは自分の人生をドラマティックに彩りたいと考えているからです。

自分のことを何の根拠もなくすごい人間であると思い込めるのはせいぜいが中学生まで、年齢を重ねて世界が広がるごとに人は自分が全く特別でない、平凡な、あるいは平凡以下の人間であるという事実を突きつけられます。
しかしそれでもやっぱり「自分は特別な存在なんだ」と信じたいのが人間で、「そんなに素晴らしいことが自分の人生で起きるわけがない」と嘯きながらも「そういうこと」があってほしいと心の中で期待しているものなのです。
特に女性は話題のドラマのような恋愛をしてみたいという願望が強いので、積極的にアタックしていけば交際までこぎつけるチャンスは十分にあります。
マンガのような劇的な出会いから始まる恋愛は決して夢物語ではないのです。
もしも「自分にはそんなチャンスは一切なかった」と考える人がいるとすれば、それはチャンスがなかったのではなく、チャンスを生かせなかったのです。
交差点でぶつかったり本屋で手と手が触れあっても、そこですぐに会釈をして立ち去ったのではドラマが始まらないのも無理はありません。
受け身の姿勢をやめて、自分からチャンスを掴みにいけばあなたにもきっと「マンガのような恋愛」が待っています。

関連記事